みゆぽんとの日々

18トリソミーという重い障碍で産まれたみゆぽん。短命といわれ、1歳の誕生日を迎えられる可能性の低い病気です。そんなみゆぽんとの日々を、残していけたらと思っています。 そしてみゆぽんが残して行った宝を胸に、日々を綴っていけたらと思ってます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

復活の兆し

毎日ねむいのに寝れない・・・涙が止まらない生活を送っていた。

病院の「ご出産おめでとうございます。」って書かれた
産後の注意が書かれているパンフレットに、「産後うつ」について
書かれていた。もしかして産後うつになったのかもしれない・・・
とぼーっと考えた。

でも、このパンフレットって普通の子供を産んだお母さん用だよね。
普通の子供を産んでも、うつになるんだ。
ふう~ん、あめーよ。それぐらいで!!!と思ってしまった。

ふと思った。
世の中では、今の私の嘆き苦しんでいるのも
「おめーあめーよ。」
と怒っている人もいるかもしれない。

人それぞれ辛いのも悲しいのも種類こそ違えど、苦しんでいるかも
しれないのだ。
それに私はみゆぽんの何が悲しくって、毎日泣いてているのだろう。

この子が長く生きられないと言われたからと言って、言われたとおりに
死ぬわけが無い。

もしかしたら私が先に死んでしまう事だってありうる。

10分後に大地震で死んでしまう可能性だってあるのだから。

生きている以上は、死は必ず来る。

人より長く生きられれば、幸せっていうわけでもないかもしれない。

人の人生の長さと幸せは比例しない。

クリスチャンの友人数人が、人の死には意味があって
わが子の障害には意味があって生まれてきたとメールをくれた。

クリスチャンにはなる気はないけど、そうだな~きっと何か
意味があるんだろうな・・・・と強く思う。

みゆぽんの「死」について悲しくて、気が狂いそうだけど
他の家族にだってその日はくる。
そう思うと優しくしなければと思うんだ。

ただ泣いて暮らしていても、何も始まらない。
それよりも、一日を大切に今生きていることを満喫して
生きていこうと、みゆぽんから教わった気がする。

そうそう、近い将来のみゆぽんの死を考えるより
現在無職の旦那さんと、我が家の金銭状態に目を向けなきゃ。
拍手する

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さにー

Author:さにー
あしゅ(小学生・男)とみゆぽんの二児の母です。
実夢(みゆ)は2008年11月17日、2356gで産まれた女の子です。
18トリソミーという染色体異常で産まれました。様々な合併症と戦うみゆぽんの日々を、書き残してゆきたいと思っています。

2009年1月14日、天国へ旅立ちました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Book Mark !

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

いくつになったの

My angel

天国に行ってから

Lilypie Angel and Memorial tickers

ブログパーツ
byできるじゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。