みゆぽんとの日々

18トリソミーという重い障碍で産まれたみゆぽん。短命といわれ、1歳の誕生日を迎えられる可能性の低い病気です。そんなみゆぽんとの日々を、残していけたらと思っています。 そしてみゆぽんが残して行った宝を胸に、日々を綴っていけたらと思ってます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

心の病気

あしゅ君がインフルエンザになって、久々に「死」が身近になった気がして

ふと、みゆぽんがお空に帰ってしばらくしてからの気持ちを思い出しました。

下記の文は今の心境では無いので、ご心配なく。



その当時、とっても死にたかった。

娘のそばに行きたかった。

風邪を引かせ、治療も積極的にせず、娘を死なせてしまった。

私の罪は大きい。

だから、私も死ななければならない。

死にたい。

でも、息子の為には死ねない。

だったら、息子も殺してしまえばいいか。

首を締めて・・・

そんな事出来ない。

絶対無理。

でも、やらなければ。

一人殺してしまったから、二人もいっしょ。

私は何かしら罰を受けなければいけない。

だから死ななければ。

でも息子を殺すなんて無理。

でもやらなきゃいけないの。

あの子のそばに行くんだから。




って、息子が寝ている傍で考えながら、いつも泣いてました。

今だから言えるんですが、この時は

真剣でした

自分がおかしいって、気がつきませんでした。

読み返しても、本当に頭がおかしかったんだなってわかります。

どうやって治ったの?

って友達に聞かれましたが、それは分かりません。

ただ、夜の闇が私の心にも暗い闇を落としていたのは
確かなので、夜は寝るように勤めました。

昼寝をせず、夜は寝る。

寝れなければ、体を使って疲れさす。

太陽の光をいっぱい浴びて、太陽と供に
生活をする。

きっと心も日光消毒されたんだと思います。

友人がこんな状態だったら、私なら本当に友達では
ない限り近づかないと思います。

どんな言葉も、こんな状態の人には届かないでしょう。

でも家族なら、早めに病院に連れて行くべきです。

子供を亡くした親の悲しみは、同じ経験をした人にしかきっと理解できないと
思いますが、タダ事ではありません。

出来るだけ一人にしない方がいいのではないかしら・・・・。

*私は旦那がいない時間が大好きです

14日は月命日でしたので、お花を買って来ました。

091014_1.jpg

とっておきの時に行く、とっておきの花屋さん。

ちょっとお高めです。

091014_2.jpg

姫リンゴに一目ぼれ。

20090902_15.jpg

みゆぽんがお腹にいたとき。

「あたち”らぽっぽ”のおいもが食べたいの---!」という声を聞き(?)
ネットでオーダーしました。

そしたら、なんとみゆぽんの病院のそばのデパートに、店舗が
入ったではありませんか。

いっぱい買ったからね~。

拍手する

*Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.10/16 13:25分 
  • [Edit]

よかった~ 

生きていてくれて本当によかった~
辛い思いしてたんですね。
読みながら、辛い気持が伝わってきて涙がポロポロこぼれて来ますv-409
でも本当によかった~
生きていてくれてありがとうv-395
そんなに辛い思いをしていたなんて・・・
私は、明日香が逝ってしまってしばらくは
ぼーっとしていて、あまり泣くことも無かったんです。
人は本当に悲しい時は涙が出ないって言うのは
このことなのかな~って思ったり
こんな時でも、普通にご飯を食べて普通に寝て普通に生活している自分は、
とっても非情な人間なんじゃないかと思ったりしてました。
もしかしたら、明日香が逝ってしまったことを
受け入れたくなかったのかもしれません。

夜中の2~3時頃って、寝ていると魂は大切な人の魂と会っているそうですよ!
だから、きっとその頃実夢ちゃんがママに怒ってくれたんですね。
「ママ、そんなこと考えちゃダメ!
そんなことしても、あたちの所には来れないよ!
あたちは、ママにそんなことさせるために生まれたんじゃないよ!
ママ、頑張って生きて!
あたちは、ママとパパとお兄ちゃんの笑顔が大好きなんだから!
ほら、笑って!
ママがちゃんと頑張ったら、必ず会えるからね!」
って言ってたんじゃないかな~v-353
  • posted by 明日香のはは 
  • URL 
  • 2009.10/16 19:34分 
  • [Edit]

NoTitle 

どうしても母親は自分のことを責めてしまいますよね。。。
亡くなった直後なんて特に…。
今でも、あの時こうしていればとか考えてしうまうことがあります。

姫りんごのブーケが出てきたんですねv-344
うちの近所はショボいお花屋さんばかりですv-393
  • posted by ゆういママ 
  • URL 
  • 2009.10/16 21:47分 
  • [Edit]

NoTitle 

私も息子たちのところへ逝きたかったし、今でも時々そんな衝動に駆られちゃいます。
でも、息子たちは精一杯生きてくれたから私も精一杯生きなければと思って、力を振り絞っています。

お花可愛いですね☆みゆぽんきっと笑顔ですよ☆
  • posted by ゆきまる 
  • URL 
  • 2009.10/16 22:25分 
  • [Edit]

ありがとうございます(T_T) 

>内緒コメント様
辛い事思い出させてしまったですかね?? 人生は若いうちに色々経験しておくから
後になってから、挫折しないのは本当なんだなって思いました。

子供を亡くしておいて辛いのに、また子供をなくそうとしているって言う
つじつまの合わない精神状態。これこそが『心の病気』そのものだと思います。

住まわれている所が、海も空も奇麗な所でうらやましいです。
そこならアウトドアするのも近いですよねv-10

私も車を運転しながら、前からくる車が
ぶつかってくれないかなってって何回思った事か・・・・・
アクセルをべったり踏んで、いつも一人ゼロヨンを繰り返した事も
ありました。。。。

やる事が多いと大変ですが、もしかしたらそっとしておかない事で
寂しくしない意図がある風習かもしれませんね。


そんな事ないかv-389
  • posted by みゆぽんのママさん 
  • URL 
  • 2009.10/17 15:44分 
  • [Edit]

明日香のはは様 

>明日香のはは様
うちの会社の部長の息子さんが、4歳の時に車にはねられて
亡くなりました。
その時に「泣かない妻が心配なので・・・」とメールに書いてあって
葬儀の時も魂の抜けた状態でした。
だから、きっとショックが大きい人は、本当に悲しい人は
涙なんてでないんじゃないかって思います。

丑三つ時って、魂が活動する時間でしたよね。
私もバカな事をしたら、みゆぽんきっと
許してくれないだろうから、頑張らなくては
って思ってますv-91

命の大切さを教わったのに、心の病気になると
それすらも忘れてしまう、それがとっても
怖いなって思いましたv-393
  • posted by みゆぽんのママさん 
  • URL 
  • 2009.10/17 15:51分 
  • [Edit]

ゆういママさん 

> ゆういママさん
考える時間はあったはずなんですが、後から知った
選択肢に、ますます後悔が深まるのは
きっと18トリソミーだったからかも。

田無の西友はどうですかね~。
産まれは公立S、生後育ったのが田無なんですが
地名が無くなったのがショックでしたv-12
  • posted by みゆぽんのママさん 
  • URL 
  • 2009.10/17 15:55分 
  • [Edit]

ゆきまるさん 

> ゆきまるさん
私もです。まだまだたまに死んでしまえばって思うし
一家心中する人の心境が分かりました。

でも、命の尊さを教えてくれた子供達の分まで
頑張って生きなければいきませんよね~。

みゆぽん、おいもがきっと大好きだと思いますv-10
  • posted by みゆぽんのママさん 
  • URL 
  • 2009.10/17 15:58分 
  • [Edit]

NoTitle 

私も当時は、死にたい、でも子供を置いてはいけない
でもつれてく事もできない、でも死にたい会いに行きたい。。。
ってそんな事ばっかり考えてました。
本当に闇でした。だからこそ、朝日は朝日であったんだと
思う。朝日は私が考えた名前ではなく、どこかからか聞こえて
きた声が教えてくれた名前なんです。

そして今では、まだみらいには会わなくていい。
だって、ふたりの子供たちとまだまだずっと一緒にいたいって
思えるようになって、いつかその日が来たら、迎えに来てねって
お願いしてあります。

子供を亡くして、心が平気な人なんていないし、簡単に
癒えるものでも、一生消えるものでもない。
当時の事を思い出して悲しみでいっぱいになっても、あしゅ君が
やさしいから、きっと大丈夫ですよ!!
ママさんは、きっと私と同じように息子がいたから今生きてるって
感じなのかなぁ。救世主ですよね!!
  • posted by ミナモ 
  • URL 
  • 2009.10/19 12:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

天使ママはみんなそう考える時があるのね

少なからず私も頭をよぎった事がある・・


もういつ死んでも怖くなくなった

だって、早く唯人に会いたいから

でもきちんと天寿を全うして会いに行きたいですよね

頑張って生きようね!

  • posted by hasu 
  • URL 
  • 2009.10/21 08:40分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

>ミナモさん
朝日ちゃんv-278 その名前にすっごく説得力がありますね。
どこからか聞こえてきた名前、本当に素敵です。

そう焦らなくっても、その日はいつか来るんですが
そう思える日が来るのが、なかなか長かったりします。

ちびる君もあしゅ君も、悲しい思いはしたかもしれませんが
この事がお互いにとって、乗り越えるためのプラスの経験になってくれたらなって
思います。
辛いけどね~。
  • posted by みゆぽんのママ 
  • URL 
  • 2009.10/21 23:54分 
  • [Edit]

NoTitle 

>hasuさん
お久しぶりですv-10

死んでもいいんだけど、息子の為にはまだまだ・・・

この説明のつかない矛盾した所が、「心の病気」だと
思います。 最近大分良くなってきた気がしますがv-278

天寿を全うするのが、私達の勤めですよね。
私も本当にそう思います。

所で・・・中国語の進み具合はいかに??
  • posted by みゆぽんのママ 
  • URL 
  • 2009.10/23 00:15分 
  • [Edit]

NoTitle 

当時の記憶ってかなり曖昧なんですが。

私も何で自分だけ生きているのか不思議でたまらない時期がありました。
生きている実感がまるでなかった、というか…。

自分で死ぬほどの気力なんてとうになかったから、だからたぶん生きていたんです。
もし、目の前に簡単に死に至る薬とかポンとあったら、何も考えずに飲んでいたと思います。

ただ、起きて、泣いて、食べて、泣いて、そしてまた眠る…。
それだけ。

上でおっしゃってる方がいらっしゃいますが、いくら悲しくても、お腹はすくし、眠たくもなる…。
薄情だなーと自分で自分を嘲笑しつつ、でも、それが生きているってことなんだな、って思いました。
自分の心は死にたがっても、体は最期まで生きようとするんだな、と。
だから、きっと息子も最期の最期まで精一杯生きたんだ、生きようと頑張ってたんだ、と思いました。
死ぬために生まれる命なんてない。
みんな生きるために生まれて来た。

そう思えたとき、私は死ぬことができなくなりました。

同時に、息子に申し訳なくって泣きました。
ママはまだ逝けない。
あなたに会いに行けない。
ごめんね、ごめんね。
独りで逝かせてごめんね。と。

今は、息子の弟がいます。
この次男にはどうか長生きしてもらいたい。
私より一瞬でもいいから長く生きて欲しい。
もう、小さな棺を見送ることは二度としたくありません。
  • posted by 泣き虫ママ 
  • URL 
  • 2009.10/24 13:42分 
  • [Edit]

NoTitle 

きっと子供を亡くした誰もが一度は思うのかもしれないね

『そばにいかせて』と

わたしもね火葬場で棺が入って行くとき、どんなに苦しくて痛くてもかまわないから、その中に一緒に入れてくれと、本気で思ったよ

あたしが行かなきゃ誰が一緒にいてくれるの?って

でも共に死ぬ道ではなくて、共に生きる道を私たちは選んだんだね
それでよかったんだよ
ついて行ったらきっと、みゆぽんにもひかりにも怒られていたに決まってる

いづれ会えたときに、胸をはって会えるよう頑張って生きようね
  • posted by ひかりまま 
  • URL 
  • 2009.10/25 00:02分 
  • [Edit]

泣き虫ママさん 

>泣き虫ママさんへ

みゆぽんが亡くなった時、とっても奇麗だったから
汚く死にたくなくって、事故とか嫌でどこかで奇麗になくなれる薬はないかなって
思った時がありました。

そうなんですよね、分っていはいるのに全てを投げだしたくなる事が
あるんです。

そんなに急がなくっても、いつかは会いに行かなくてはならないのに
理屈で分かっていても難しい時期がありました。

ありがとうございます。泣き虫ママさんは、詩人の様な感じがします。
とっても癒されます。
  • posted by みゆぽんのママ 
  • URL 
  • 2009.10/28 19:55分 
  • [Edit]

ひかりママさん 

> ひかりママさん

そうですね、きっと子供を亡くしたら誰もが思う事かもしれませんね。

辛くっても生きていく、それこそが私達の勤めじゃないかと思います。

いつか会えた時に、怒られるような事はしなくないですね。

ひかりちゃんとみゆぽん、仲良くなれたかなv-10
今度18tの子がみゆぽんと同じ病院で産まれるそうです。
私達のつなげてくれたKさん、まだ働いているかしら。
  • posted by みゆぽんのママ 
  • URL 
  • 2009.10/28 19:58分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さにー

Author:さにー
あしゅ(小学生・男)とみゆぽんの二児の母です。
実夢(みゆ)は2008年11月17日、2356gで産まれた女の子です。
18トリソミーという染色体異常で産まれました。様々な合併症と戦うみゆぽんの日々を、書き残してゆきたいと思っています。

2009年1月14日、天国へ旅立ちました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Book Mark !

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

いくつになったの

My angel

天国に行ってから

Lilypie Angel and Memorial tickers

ブログパーツ
byできるじゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。