みゆぽんとの日々

18トリソミーという重い障碍で産まれたみゆぽん。短命といわれ、1歳の誕生日を迎えられる可能性の低い病気です。そんなみゆぽんとの日々を、残していけたらと思っています。 そしてみゆぽんが残して行った宝を胸に、日々を綴っていけたらと思ってます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

イライラする

周りの方にたまに聞かれます。

次の子は?って。

病気や事故で子供を失った人は、すぐに次の子って思えない人も多いでしょう。

みゆぽんがお空に帰った直後、次の子が欲しいって強く思ってました。


但し今の経済状態と仕事も真剣に探してない、ゲームと昼寝を
愛する旦那との関係を考えると
ちょっと難しいかなって思います


仕事で世界30ヶ国同時で進行するプロジェクトに、私が加わる事になりました。

ネットを使ったウェブミーティングも有り、各国マネージャークラスが出席している
プロジェクトなので、ドキドキもするし、任されたやりがいがも感じます。

そんな事をしていたら、産むタイミングを逃しそうです


そして、次の子が欲しいって気持ちを

何も知らない人の中には、子供が亡くなってしまってから
すぐに次の子を産むという事を非難する人もいるかもしれません。


病気の子供をもったら、もうそれ以上子供を産んではいけないのでしょうか

次の子を産むと、亡くなった子を忘れてしまったということになるのでしょうか。

何か月も供に過ごした子供を、お腹を痛めて産んだ子供を
忘れる事なんてありません。


忘れることなんて、一生絶対にできません。

1年経てば、喪が明ければ気が晴れるのでしょうか?

そんな事は一生無いでしょう。

この喪失感とは一生付き合っていかなくてはならない、重い十字架なんです。


でも子供を亡くしたら、一生暗い顔をしていないといけませんか?


子供の死を受け入れた上で、幸せな家族を築いてはいけませんか?

そして子供を持つ幸せを、子供を亡くした親は持ってはいけませんか?




何人も簡単に産めた人には、
妊娠する奇跡と幸せは
紙屑みたいな物でしょうか?


それは違うと思います。


また同じ様に障害が出るのか、辛くかなしいかもしれません。

それでも、また赤ちゃんをこの腕に抱く権利は

私には無いのでしょうか?

当り前の幸せが無い人間が

当り前の幸せを模索しては

いけませんか?

生きて実夢に会えた幸せを、もう一度

この手に自分の赤ちゃんを抱く幸せを

障碍がある子供を産んだ親は

次の子供を作ってはいけませんか?


同じ境遇の人達で励ましあうのが、そんなにいけない行為ですか?

ブログを通して知り合った、同じ境遇のお友達は
一緒に前向きになろうって励ましあう、大事な友達なんです。

それを否定されたら、私にはどうしたらいいか
もう分りません。。。

同じ辛い境遇の仲間で励ましあう

これは医学的にも証明されたヒーリングメソッドです。

「子供が亡くなって、よく頑張れるな。自分なら出来ない。」
ていう方、本当にムカつく

生きたくても生きられなかった子供を持って、

自分が頑張って生きなくて

あなたは亡くなった子供に、申し訳ないと思えないんですか?

頑張れないならどうするんですか?

死ぬんですか?

だったら死になさい。

そんなあなたを、亡くなった子供は許さないでしょう。



「障碍がある子を産んだ次にさ、よくまた子供を作ろうと思うよね。
どんな子供でも受け入れるって気持ちはすごいよね。
私なら無理だな。」

って思ってるあなたに伝えたい。

惣流・アスカ・ラングレーの口癖を。


そんな事を云うあなたが、事故や脳梗塞で障碍が残り

あなたの家族が

「受け入れられない。」

って言ったら

どうするんですか?

分かりましたって、死にますか?

恨んで、呪い殺したくなるでしょう?


愛する者に障害がある。

その辛さを受け入れる器がないあなたは、その器の小ささで

自分の首を絞めるがいい。


ま、どんなに書いても

読解力の無いヤツには

人の気持ちに寄り添う

もしかして、私のうらやましい生活を嫉妬されたら
めんどくさい~

って思っている輩には

一生分かってもらえないと思いますが。。。。。






色々と無神経な事を書いてごめんなさいね。

でもこれが、私の精一杯の気持ちです。




私ってば本当に辛辣


今回ばかりは、コメントかもーんです。
拍手する

*Comment

NoTitle 

わかる!!すっごいわかる!!

ブログやってると普通以上にそういう言葉を顔も名前も知らない
奴らから一方的に投げつけられて、私も本当にショックだった時も
あったし、ふたり続けて染色体異常でありえない言葉を書き込まれたり
した事もあったけど、強くなったな~私~って今は思います。
今はそういう奴らの書き込みより、サイトの書き込みの方が
腹がたつようになりましたwww

私なら無理だって言う人にこそ、そういう悲しみを背負ってほしい
物ですよね。あんたが軽々しく言った、できないをあなたならどう
受け止めるの?って実際体験したらいいのに。。。って。。。
中には、悪気なく言った人だっているだろうけど、人の子供の死を
私には無理だなってよく言えるな。。って何度も思いました。

ま、そんな人の元にはそんな赤ちゃん来てくれないけど。
あんたには無理だから来ないんだよって。たかが障害、本当に小さい。

でも、そんな人でも、産んですぐ捨ててしまうような人でも、赤ちゃんを
抱く権利なんてない。。なんて人がいないのも事実ですよね。
だからこそ何人も無事に産んで、かわいがってない、栄養失調で
入院させたりなんてする親の話を聞くと、何で私はこんなに愛して
るのに死なれて、その人はみんな無事?ってねたましくも思ったり。
忘れるどころか常に心の中にいない時なんてないのに、それを
少しも理解しようとしないで、言葉だけ投げつけてくるような人はもう
ほっときましょう!!こんな気持ち、理解できない人は本当にできないんですもん。
不思議なぐらい理解できないんですよね。
何でかな~~~。
  • posted by ミナモ 
  • URL 
  • 2009.08/27 10:57分 
  • [Edit]

わからないひとにはわからないです。 

私も子供を失いましたそのとき初めて知りました。
ほんの数パーセントの確率が存在すること。

いま当り前のようにわが子を育てている方も
今後何が起こるかわからないということです。
それを不安に思いすごして欲しいというわけでは
ありません。

ただ、その確率は決して0ではないということです。
そのような壁にぶつかったとき、
はじめて気持ちがわかると思います。

実際経験してみないと絶対にわからない気持ちです。
ただ、それを安易に否定したり、軽はずみにはげましたりというのはさらに傷つけることになります。


次の子供を産むタイミングは
夫婦で決めればいいと思います。

早いから悪いとか遅いからいけないとか
そんなこと誰からも言われることはないです。

それは子供を亡くしてないひともいっしょですよね?
子供を産まないと決めているひともいますし、
計画していつくらいにと決めているひともいる。

それが亡くしてすぐ産むことのなにがいけないんでしょうか。
世の中には何かを生きがいにしないと
生きていけないくらいつらい現実があります。
死んでしまいたいくらいの衝撃を受けても
みんな必死で生きようと思っています。

それは弱いからとかそうではありません。
それが何であっても生きようと思う気持ちが大切です。
本当にそうなってみないとわからないです。

ほとんどの方が誤解されているんだと思いますが、
同じような経験をした方で、話をしたり、聞いたりすることは
ピアカウンセリングという分かち合う方法だそうです。

これは決してただなぐさめあっているわけではなく
気持ちを共感して、前を向いていけるよう
お互い支えあっているということです。

私は気持ちや体の問題で次の子はまだ先になりそうですが、
欲しい、むかえられる準備が整い、授かれば
やはり息子に兄弟を作ってあげたい。
お兄ちゃんがいたことを教えてあげたいそう思います。
  • posted by sunny 
  • URL 
  • 2009.08/27 15:04分 
  • [Edit]

いろいろ考えさせられました 

さにーさん、こんにちは。
いつも私のブログを見にきてくださってありがとうございます。
コメントもしてくださって、いつも感謝しています。

今回の記事、いろいろと感じることがあり、考えさせられました。
私自身は「そんなの僻みだ」って直接コメントされたことはないけれど
他の方からの話で聞いたり、実際にそういうコメントを目にしたりして
「自分は何の問題もなく普通に出産出来て赤ちゃんが抱けてるから
私達のような立場の人に向かってそんな酷いことが言えるんだわ。
『もしこの子が無事に生まれていなかったら…』って想像すれば
そんな酷いこと絶対に言えないはずなのに」って、思ったりしていました。
私達の子供に対する想いを単なる僻みや妬みと切り捨ててしまったり、
次の子供を願う気持ちに「よく『また』って思えるよね」って言える人には
想像力や人の気持ちを思いやる能力が欠如しているんでしょう。
だから私はそういう人は無視するに限ると思うようになりました。

ただ、こんな私は鬱持ちで、未だに自分を責めてしまう毎日が続いていて
「私があの子を死なせてしまった。だから私には生きる資格がない。
それにもうがんばれない。苦しいからここから逃げ出してしまいたい」と
常に現実からの逃避願望を心に秘めているので
「だったら死になさい。そんなあなたを、亡くなった子供は許さないでしょう」、
この部分は深く心に突き刺さりました。
「傷ついた」という意味ではなく、「本当にそうだよな…」と反省しました。

私は亡くした娘を心から愛していて、あの子がとてもかわいかったからこそ
「やっぱり子供がほしい」と思ったのだから子作りを再開すると決めました。
もう「あの子に悪い」と思うのは止めにして、そして酷いことを言う人は無視して
あの子を授かったときに夢見ていた家庭を築く努力をしようと思います。
さにーさんは「いますぐお迎え再開」とはいかない状況のようですが
状況が出来るだけはやく落ち着いて次のお子さんに会えるといいですね。
  • posted by Coco 
  • URL 
  • 2009.08/27 15:12分 
  • [Edit]

COCO 

ご無沙汰してます。最近は忙しくて色んな掲示板やブログも見てなくてv-356こちらにも久しぶりにお邪魔しました♪
すごく共感できます。つい先日も『天使の梯子』で同じような書き込みしたんですが、私は復職してすぐに同僚から『次の子まだ作らないの?』って聞かれました。まだ産後1ヵ月半、息子を亡くして1ヶ月と一週間くらいの時でした…。どういう頭の構造をしてるんだろうって、無神経さに常に苛立っています。
それから1ヵ月後、同僚が2人目を妊娠しました。産休がかぶるから、あんたはまだ妊娠するな、という感じのことを遠まわしに言われました…。
私は仕事も大事です。今後、産休や育休をとっても続けれる限りは続けたいし、仲間に負担をかけたくもありません。悔しいと思いながらも、次子を望む気持ちを抑えるしかないのか、と思いながら今月まで過ごしてきました。
そして最近また『次の子はまだ?』と聞かれました。“あんたがそうさせないんじゃないの?”って感じで言い返すと『ごめんごめん、そうだっけ?今回はつわりも軽いし、3ヶ月開けたらもういいんじゃない?』とお許し?が出ました…。『でも1人目が死んだら次の子作るの怖くない?私なんか1人目はまともな子だったけど、2人目もそうとは限らないでしょ?だから不安な気持ちあるよ。だからあなたはもっと不安なんでしょうね。』とも言われました。
私の子供はまともじゃない子だったんでしょうか?そして彼女の子供はまともだから絶対に死んだりしないのでしょうか?事故や病気でもしものことがあるかも、なんて思いもしないのでしょうね。
彼女だけに限らず、最近周りで『2人目は?』とよく言われます。逆に身内で多いのは『1回忌が終わるまでは死んだ子のことだけを考えてほしい。次の子が出来たらどうしてもその子のことが優先になってしまうし。それに体を休める意味でもやっぱり1年くらいは…心配だからね。』という意見。こっちの方がプレッシャーも感じないし、まだ気楽です。
とにかく次子のことを周りに振り回される自分がすごく嫌だし悔しい!!何でこんなに無神経で自分勝手な人間に天罰がくだらないんだろうってよく思います。憎まれっ子世にはばかるとはよく言ったもので、あんた長生きするだろうよ、って人間をこの半年で沢山見つけました。
やはり夫婦の気持ちが一番大事!何にも惑わされたくない、って思うんですけど、いちいちイライラしちゃうんですよね。
どうしたらいいんでしょうね~。
  • posted by COCO 
  • URL 
  • 2009.08/27 22:31分 
  • [Edit]

NoTitle 

口悪いコメントですみませんが('_`)
さに-さんと同じように私も怒り心頭です('_`)
病気の子供を産んだ事が罪という考え方をする人の感性が
理解できません。
次の子を産むと亡くなった子を忘れてしまう事になるという
考えが出来る人の神経が理解できません。
しかもそれが女性で、子を産んだ事のある方なら
尚更です。
そうさにーさんに言った方がいるのなら私は問いたい。
では貴方はお腹を痛めて産んだ子を忘れる事が出来るんですか?
次の子を望むというのは前向きな考え方だと思います。
人間には誰にでも幸せになる権利ありますよ?
新たな家族を持つことがどうして死んだ子を忘れる事に
なるのか、その思考回路、脳みそバックリ割って見てみたいわ。
上に書いたように忘れる事なんか出来る訳ないじゃないか。
母親だもん。
10ヶ月お腹の中で一緒に生きて、死ぬ思いをしてこの世に
出てきたんだもの。
子供だってそう、お腹の中から出てくるのは
とても苦しい試練で、それを乗り越えて出てきてくれたって事忘れてないか?と聞きたいです。
えっちすりゃ~子供がポンポン出来、勝手に月日が経てば
出てくるのが当たり前だと思ってるのなら
今までがそうだったのならラッキーなんでしょうね。
でもね、人の生死程予測のつかないものは無いんですよ。
生きてる家族と自分のために次の子が欲しいという
考えは死を受け入れ、乗り越えたからこそ
出てくるもんですわ。
そりゃ~受け入れてると言っても思い出して涙でますよ。
人間だもの。
だけど生きていかなきゃいけなんですよ。
幸せにならなきゃいけないんですよ。
死んだ子の分も。
生きられなかった子の分も。
喪失感も幸せも重い十字架なんですよ。
それが残された者の、生きてる者の使命なんですよ。
愛する家族のために、家族で乗り越えなきゃいけないような
生死に関わる体験をしたことが無いんでしょうね。
若しくは一緒に乗り越えてくれそうな家族やパートナーが居ないから諦めの思考に走っちゃう訳ですか。
寂しい人生ですね('_`)
そもそも愛するという言葉の定義を知らないんじゃないかとも
感じますわ。
私から言わせれば、そりゃーお気の毒です。
「子供が亡くなって、よく頑張れるな。自分なら出来ない。」
ハァ(゜Д゜)?
私もさに-さんと同じ事言いますね。間違いなく(笑)
じゃあ氏ねよ。
ですわ(●´_`●)
世の中の人間がそういう考えであると言うなら
世の中後追いだらけになるやん('_`)
ぶっちゃけ乗り越えてなきゃ、
嘘でも公衆の面前であるネットやブログに自分の心情や
他人のblogに自分の体験談を書いたり
激励したり出来ませんよ。
乗り越えられなかったら隠し通すし、視界から排除するし見たくもないって思うわ。
自分の精神を保つために回避行動とるのが人間では?
少なくともここにコメントを書いてる皆さんは
十字架を背負いながらも
真っ向面から向きあえてるからこそ、
インターネットで公表してる訳だから。
解らない人にはわからないんでしょう。
なんか支離滅裂になってしまいましたわwすみません・・
  • posted by りんですが(゜Д゜) 
  • URL 
  • 2009.08/28 17:17分 
  • [Edit]

NoTitle 

あ、(;´д` ) S●Xをえっちに置き換えたら書き込めたw

いかんわ~血上って書いてしもうたんで
言葉凄く汚いです_| ̄|○
  • posted by りんですが(゜Д゜) 
  • URL 
  • 2009.08/28 17:21分 
  • [Edit]

NoTitle 

子どもが2人亡くなって、旦那とも離婚することになっていて。それでも私は、いつかわが子を抱きたいと夢見ています。
もし、本当の運命の人に出会えて子どもを授かることができても、息子たちのことは忘れないし、一生大切な存在です。
天国にお兄ちゃんが2人いることをお話して、みんなで手を合わせたい。

幸せは人によって違いますが、そのために頑張るのはとても良いこと。
天国の子どもたちは、地上の家族が幸せになることを喜んでくれると思います。
もし、私が母より先に逝ってしまったら…私の死を受け入れて、私を大切に思って一生懸命頑張る母をあの世で誇りに思う気がします。
  • posted by ゆきまる 
  • URL 
  • 2009.08/28 19:16分 
  • [Edit]

NoTitle 

さにーさん、先日は優しいお言葉ありがとうございました。
初めてコメントさせてもらいます(*^_^*)

私はまだtomo君とお別れして日も浅いので、次の子の事を考えてはいませんし、主人はもう次はないと思っている様です。
でも、ひとつ言えるのは18tを含めた息子で良かった。
この子以外は考えられないくらい愛おしい気持ちでいっぱいです。
だから、もし次に子供が持てて、その子が障害があったとしても同じ様に可愛いと思うだろうと思います。
そんな気持ちも当事者になってみないと分からないだろうし、みんなに共感を求めても無理だと覚悟しています。
子供を失った喪失感・・・でも、命があること、健康であることの大切さを十分に理解している私たちには明るい未来が待っていると思います。
私もよく「強いね~」と言われ、「別に強いわけじゃない!」と言いたくなりますが、前に向かって歩いていきたいと思います。
天国にいる可愛い子供たちに「ママも頑張ってる!!」って思ってもらえうように!
  • posted by tomoママ 
  • URL 
  • 2009.08/29 00:48分 
  • [Edit]

悲しいですね。 

平気で人を傷つける人がいることが・・・
きっととても不幸な人なんですね。
幸せな人は人を傷つけたりしません。
幸せな人は人に優しくできます。
そこの不幸な貴方にひとつだけ教えてあげます。
人にした事は必ず自分に返ってきます。
傷つければ傷つけられます。
意地悪すれば意地悪されます。
すぐにかもしれないし、何年何十年経ってからかもしれません。
でも、必ず自分に返ってきます。
優しくすれば優しくされます。
愛すれば愛されます。
これだけは絶対に忘れないで憶えておいてください。

私達は女優になれますよね。
泣けと言われれば三秒で泣けます。
それくらい深い悲しみと共に生きているのです。
でも不幸ではありません。
それは、天使たちが教えてくれた世界が大きくて優しい愛がいっぱいの世界だったからです。
私達は、天使たちが障害を背負ってまで生まれてきてくれた意味を考えながら生きて行かなければいけません。
天使たちが何を伝えたかったのか考えなければいけません。
私達は、頑張った天使たちのためにも前向きに生きていかなければいけません。
天使たちが教えてくれた思いやりの心を胸に、一日一日を精一杯生きなくてはいけません。
人の気持ちを考えられない可哀相な貴方、私達を理解できなくてもいいです。
私達も理解できませんから。
だからどうか私達の邪魔をしないでください。
人は、皆支え合って生きているのですよ。
貴方も一人では生きていけないのですよ。

天使たちが残してくれた絆は、私達の大切な大切な宝物なのです。
天国にいる私達の愛すべき天使たち、本当にありがとう。


PS
実はまだ18トリソミーの会には入っていないのです。
入ろうかな~なんだか楽しそうですよね。
  • posted by 明日香のはは 
  • URL 
  • 2009.08/29 08:30分 
  • [Edit]

 

同じ気持ちを理解してもらうのは無理なのでしょうね
悲しくなります

わたしはヒカリを亡くしてすぐアカリを授かって出産しましたが、その間の不安との戦いは正直大変でした
『また・・・』
そう思ってしまうんですよね

そしてもしアカリも障害をもって産まれたら、私は犯罪者だったでしょうか?
可能性がなくないのに次を産んだこと・・・
罪と言われたらどうしたらいいんでしょうね

わかってもらえないのはつらいけど、わかってくれるみんなもいる
それが救いですね
  • posted by ひかりまま 
  • URL 
  • 2009.09/01 11:29分 
  • [Edit]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2016.11/16 22:49分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さにー

Author:さにー
あしゅ(小学生・男)とみゆぽんの二児の母です。
実夢(みゆ)は2008年11月17日、2356gで産まれた女の子です。
18トリソミーという染色体異常で産まれました。様々な合併症と戦うみゆぽんの日々を、書き残してゆきたいと思っています。

2009年1月14日、天国へ旅立ちました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Book Mark !

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

いくつになったの

My angel

天国に行ってから

Lilypie Angel and Memorial tickers

ブログパーツ
byできるじゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。