みゆぽんとの日々

18トリソミーという重い障碍で産まれたみゆぽん。短命といわれ、1歳の誕生日を迎えられる可能性の低い病気です。そんなみゆぽんとの日々を、残していけたらと思っています。 そしてみゆぽんが残して行った宝を胸に、日々を綴っていけたらと思ってます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

天国の特別な子供

この詩は今から34年前に、ダウン症の子供を出産した私の義母が
小児科医から頂いた本に載っていた詩です。

すでにあちらこちらで見かけた方も多いとは思いますが・・・。

ダウン症の子供は、穏やかで柔和で優しい性格で、天使の様な子供になる
特徴があります。

どこかのサイトには「全ての染色体異常の子を持つ親に捧ぐ」と書いてありました。

glln75.gif


作者:エドナ・マシミラ(Edna Massilla)
訳:大江祐子

会議が開かれました 。地球からはるか遠くで。
「また次の赤ちゃん誕生の時間ですよ」
天においでになる神様に向かって、天使たちはいいました。

この子は特別の赤ちゃんで、たくさんの愛情が必要でしょう。
この子の成長はとてもゆっくりに見えるかもしれません。
もしかして一人前になれないかも しれません。

だからこの子は下界で出会う人々に、
とくに気をつけてもらわな ければならないのです。
もしかしてこの子の思うことはなかなかわかってもらえないかもしれません。
何をやってもうまくいかないかもしれません。

ですから私たちは、この子がどこに生まれるか、
注意深く選ばなければならな いのです。

この子の生涯が、しあわせなものとなるように。
どうぞ神様、 この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。

神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を・・。

その二人は、すぐには気がつかないかもしれません。
彼ら二人が自分たちに求められている特別な役割を・・。
けれども天から授けられたこの子によって、ますます強い信仰と豊かな愛を
いだくようになることでしょう。

やがてニ人は、自分たちに与えられた特別の神の思召しをさとるようになるでしょう。
神からおくられたこの子を育てることによって、柔和でおだやかなこの尊い授かりものこそ、
天から授かった特別な子どもなのです


JDS日本ダウン症協会 「この子とともに強く明るく」掲載

拍手する

*Comment

 

この詩、愛莉亡くなった後に、誰かのブログで見て泣いたわ。
あと、オランダへようこそいう詩も泣いた。
検索してみて~!
  • posted by 愛莉ママ 
  • URL 
  • 2009.05/16 00:45分 
  • [Edit]

愛莉ママへ 

ね~、でしょでしょ。meiさん見に来てくれるといいんだけどv-411

オランダへようこそ、はベネで話題になってたのは知ってるんだけど、
読んだことないからチェックしてみる。

あしゅ君、只今大阪弁をたまにしゃべるの。

なんでや?とか がんばってるよ。

大阪からの転校生に教えてもらっているらしい。微妙な感じ。
  • posted by みゆぽんママ 
  • URL 
  • 2009.05/16 00:52分 
  • [Edit]

似たような。。。 

みつるの本『ごめんね、ありがとう』って言う本がありますがそれの4つめの話とまさしく内容が一緒です!

私自身たくさんのママさんのブログ等で紹介されてるのは知ってましたが全文初めて読みました。

アスラの顔みながら読むとダメですね。。。泣けてきます゜。(p>∧<q)。゜゜
  • posted by アスラママ 
  • URL 
  • 2009.05/16 06:21分 
  • [Edit]

Re: 似たような。。。 

>アスラママ
みつるさんの本は、いつも立ち読みしてましたが
似たような話があったんだ。立ち読みしていると、涙がこぼれてくるので
最後までたどり着かないんだ。

だったから買いなさいって?v-389

正直に言うと、神様選ばんといて下さいって最初に読んだ時は
思いました。 そんなに立派な親じゃないから。

でも後から、ありがとうって思ってますv-344

これは教会のシスター様が書かれているから、もしクリスチャンなら
感銘の仕方がもっと違うかもね。

  • posted by みゆぽんママ 
  • URL 
  • 2009.05/16 12:45分 
  • [Edit]

NoTitle 

私、はじめて読みました~v-406
これ読み終わるまで時間かかりましたよ・・泣いちゃってv-356
思わずノートに書き写しちゃいましたe-263
でも読むたびに泣いてしまいそうですi-202
  • posted by コミミ 
  • URL 
  • 2009.05/16 15:30分 
  • [Edit]

NoTitle 

外国ではあえてダウン症や障害のある子どもを里子に引き取る方がいらっしゃると聞きました
その子たちが神に選ばれてるということだからだそうです。
素晴らしい考えですね
  • posted by hasu 
  • URL 
  • 2009.05/16 15:31分 
  • [Edit]

ちなみに 

オランダへようこそは私もブログのお友達に教えてもらいました↓こちらです

http://jdsn.ac.affrc.go.jp/hollanda.html

  • posted by hasu 
  • URL 
  • 2009.05/16 15:38分 
  • [Edit]

NoTitle 

うふふふ・。+゚(●´ω`●)(●´ω`●)゚+。・

じゃあ私ってばすごい愛情の持ち主なのかしら??
ふたりも連続で。。。ってすごいですよね~~。
私なら大丈夫って思って選んでくれたのね~とかって
ひとりでニヤニヤしてます今www
  • posted by ミナモ 
  • URL 
  • 2009.05/16 20:38分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

コミミさん、

私の義母もだけど、読むのにすご~く時間が掛ったと言ってました。

みゆぽんが18トリソミーだって電話した時に、旦那がこの本
の事を教えてもらったらしいんだけど、お義母さんもどこに
行ったか忘れちゃって、偶然一昨日電話で話してたら、この
詩だったという話になったんだ。

大きな役目を背負ったね~私達v-218


>hasuさん、
「オランダへようこそ」読みました~v-410
はぁ~、感動ですv-352
ありがとう。
それにしても、オランダってのんびりした国なのかしら?

クリスチャンの方々は本当思想としては素晴らしいし、
見習わなければって思うんですが、私自身はどーしても信仰心がわかないんですよね~。

神様に選ばれた子供達を、自ら頂きに行く精神が
素晴らしいですよねv-354

>ミナモさん、

ミナモさんはものすごく愛情の持ち主だと思いますv-352
だから、あんなにかわい~、ラブリーな朝日ちゃんを
授かったんじゃないかしら。
  • posted by みゆぽんママ 
  • URL 
  • 2009.05/16 22:18分 
  • [Edit]

NoTitle 

この内容見ながら、陽太をあきらめてしまった私たち夫婦のもtに、四男は選んで生まれてきたんだなあ・・・

って思いました

だって今度は、絶対あきらめないもん!!!
何があっても!!!
陽太の分も!!って強く思ってる
  • posted by はるママ 
  • URL 
  • 2009.05/18 09:44分 
  • [Edit]

はるママ 

そうだね~、旦那さんが戻って来いよ~って気持ちを聞いて、
頑張って戻ってきたんじゃないかな。

何があっても全てを受け入れてやる!って気迫を感じるよv-91
  • posted by みゆぽんママ 
  • URL 
  • 2009.05/18 22:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さにー

Author:さにー
あしゅ(小学生・男)とみゆぽんの二児の母です。
実夢(みゆ)は2008年11月17日、2356gで産まれた女の子です。
18トリソミーという染色体異常で産まれました。様々な合併症と戦うみゆぽんの日々を、書き残してゆきたいと思っています。

2009年1月14日、天国へ旅立ちました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Book Mark !

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QRコード

いくつになったの

My angel

天国に行ってから

Lilypie Angel and Memorial tickers

ブログパーツ
byできるじゃん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。